Search this site
こんにちは、訪問はりきゅうの大島です。
出張専門のはりきゅう治療院『大島治療院』を開業し、はり師きゅう師・スポーツトレーナー・卓球療法士として活動しております。
仕事の話、個人事業ならではのこと、体について、子育て…etc仕事と日常の話題をアップしています。

失敗談はぜひ参考にしてください( ̄∇ ̄)
<< 頭の怪我の処置 〜止血とそのあと〜 | TOP | 実店舗のない個人事業主の方々、どのように決済していますか? >>
メルシーポットの威力がスゴイ‼

突然ですが、皆さん「メルシーポット」をご存知ですか?



鼻水吸引器です。

携帯用の小さなものではなく、据え置きタイプの医療機器です。


これがスゴイ優れもので、わが家でも大活躍しています。



今年の冬、自宅で鼻水が吸えるようにと購入しました。


一万円を超えるため、我が家では思い切っての購入になりましたが、お値段以上の仕事をしてくれています。



いつもは耳鼻科に連れて行き、上手に吸い取ってもらいます。

ただ、毎回抗生剤も処方されてしまいます。


この程度の風邪で?

と、内心思うのですが、

ドクターに向かって

「薬はいらない…」

とは、とても言えません。


ですが、幼児にオラペネムが処方されてしまうので(ちなみに0歳の時から)やはり敬遠してしまいます。



耳鼻科のようにはいかなくとも、試しに自分たちで吸ってみよう

くらいの気持ちだったので、ここまでスゴイとは予想外でした。




何がスゴイのか。

まずは、結構な音がする上に、吸われるため多少苦しいはずですが、2、3回で嫌がらなくなります。



それどころか、

「メルシーする!」と自らコップに水を入れてきてくれます。



過敏な上の子ですら、積極的にケースをセットして電源を入れてスタンバイしてくれます。


これには驚きました。




もう一つ

とにかくスゴイと感じたのは、「ニオイ」です。



子供って口臭が気になりませんか?

歯磨きを丁寧にしていても、水分を摂らせていても、気になるときがあるんです。


注意してみると、風邪ぎみのときは決まって嫌なニオイがします。


独特のニオイが口からなのか漂って、親としてはものすごく気になります。



そのときのニオイが、吸引中にブワッと香ってくるときがあるんです。



うわっ、あのニオイ…



ニオイまで吸ってくれるメルシーポット。

ホントにスゴイです。



鼻水が取れないときでも、このニオイを根気よく吸っていると、

不思議と風邪が悪化せず終息に向かっている気がします。



口臭ではなく鼻の粘膜に付着したもののニオイなのでしょうか…。


正体は不明ですが、原因は口の中ではなかったようです。




コロナ下の自粛解除で幼稚園や学校は始まりましたが、少しでも風邪症状があると休まなければなりません。


でも、子供ってすぐに風邪をひくし、鼻をぐずぐずさせることなんてしょっちゅうです。


しかも、近隣の小児科は風邪症状の診察お断り状態ですから、自宅でひたすら快方に向かうのを待つしかありません。


これではキリがありませんよね。

だって集団生活をする以上は、すぐに風邪をもらってきてしまいますから。



こんなときに「メルシーポット」が活躍してくれました。



鼻をぐずらせ始めたら、

例の口臭がしてきたら、

とにかくこまめにメルシーをすると、症状が悪化せずに済んでいます。



いつもなら、

鼻ぐずぐず→鼻汁→鼻水→あおばな→咳→痰→目ヤニ→便秘→発熱

というような流れが多いです。


メルシーポットを使い始めてからというもの、

この進行が食い止められることが多く、我が家では必需品となりました。



もっと早くに出会っていれば、0歳から抗生剤のお世話にならずとも済んだのに。



子育て中の皆さん

鼻は吸ってあげた方が絶対に良いですよ。




#メルシーポット #鼻水吸引器 #子供の口臭



posted by 大しま | 03:01 | ◆こどもの病気 | comments(0) | - |
コメント
コメントする