ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
ページ切り替え

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

訪問はりきゅう大島の随想

こんにちは、訪問はりきゅう大島です。
出張専門のはりきゅう治療院『大島治療院』を開業し、はり師きゅう師・スポーツトレーナー・卓球療法士として活動しております。
個人事業について、体について、子育てについて…etc.皆様に様々な話題を発信してまいります。
よろしくお付き合いください(^^)/
<< 果たして書類を10秒以内に出せるのか? | main | 子どもの方が現実的 〜子育て四訓を思い出します >>
ヒメマルカツオブシムシに注意‼

JUGEMテーマ:害虫

ところで、熱中症ばかり取り上げられる昨今ですが、みなさんこの時期の虫対策は万全ですか?

・室外で普通に見かける虫

・室内では衣類や食材がやられてしまう害虫

・白や黄色が好きで、マリーゴールドなんかにたかっているらしい虫

 

こんな虫をご存知ですか?

昔からいるやつです。

 

その名は「ヒメマルカツオブシムシ」‼

 

洗濯物や自分にくっついて室内に侵入してきます。ある意味蚊よりも駆除が難しい虫です。

  

部屋の隙間という隙間に入り込んで産卵します。

産卵が終わると外に出て行ってくれるのですが、ちょうどこの時期から2ヶ月くらいは成虫が活発に外に向かって這い出てきます(-。-;

  

成虫は割と外に出てきてくれるため、出たところを薬剤などで駆除します。見かけるたびにつまみ出しても🙆

  

厄介なのはこの成虫ではなく幼虫のほう💧

孵化してからが長い。一年近く脱皮をしながら室内の陰に潜んで越冬します。この間は食べ物がなくても生き延びられる生命力を持っています。

  

ちなみに卵の段階では薬剤も効き目がないそうです。

  

さて、何が厄介か?

それは、どこに巣食っているのかがわならないところなのです。

  

丸3年闘った経験から、どうやら「木」のあるところは居心地が良さそうだということがわかってきました。

・木製ベッドの脚の底部分

・押入れの隅っこ

・敷居の隅の溝の部分

・襖の木枠下側の敷居と接する面

・フローリングの下の空間

・備え付け家具の壁の5ミリほどの細い隙間

 

下ばかりに目が行きがちですが、上も要注意‼

・天袋の敷居

・襖上の木枠の上部と上の敷居(?)出っ張り部分のやはり上部分

 

見落としがちなのが、

・内と外を隔てる窓枠のサン部分

・同じく壁に備え付けられた通気口の中

 

湿気を好むのでしょうか?

調べたのが随分と前で忘れてしまいましたが、とにかく幼虫は隅っこに潜んでいます。

  

虫嫌いな人にはとても見せられない姿をしています💧


  

本当にどこにいるのかがわからない

どこからやってきたのかがわからない

 

見つける度につまみ出していてはキリがなく、翌年も苦しめられます。

かといってバルサンなどを焚いても、あまり効果はありません。

薬が行き届かないところへ潜ってしまうのです。

 

もし既に被害に遭われている方は、出所を根気よく探すことから始めてください。

怪しいところをこまめに清掃して、薬剤を噴射します。

これを繰り返して様子を見ます。

 

駆除するのは「今」しかありません。

産卵する前の成虫を退治するのです!

 

とにかく

\虫を見つけたら駆除

△海泙瓩冒歃機で清掃

2しげな隙間に薬剤を噴射

です

 

大事なのは△寮響檗

埃がたまるとヤバイので、定期的に押入れの隅、冷蔵庫の裏、家具の隙間、洗濯機の周辺など、掃除機で吸い取りましょう!

 

吸えないほどに狭いところは、あきらめて薬剤を吹き付けます。

家具を傷めたくない方は・・・虫か家具か、究極の選択です💧

  

  

今のところ虫食い被害はありませんが、それは食材の在庫が少ないことと、美味しい繊維の服(高級服 -。-;)がないというだけです💧

  

  

みなさん、暑くなるこの時期は熱中症にも、蚊除けにも注意を払いながら、「ヒメマルカツオブシムシ」を室内に入れないように努めましょう‼

  

  

今回は画像なしで失礼します(笑)

 

 

 

 

 

#屋内害虫 #衣類害虫 #害虫 #害虫駆除 #ヒメマルカツオブシムシ #バルサン #キンチョー #虫除けスプレー #食害 #虫食い

 

 

 

| 小噺ならぬ小話です(笑) | 10:02 | comments(0) | - |
コメント
コメントする