手足口病はどんな症状か

  • 2018.09.09 Sunday
  • 13:46

JUGEMテーマ:子供の病気

乳幼児に限らず、小児全体で夏場に注意したいのが夏風邪です。

夏風邪とは、夏に罹りやすいウイルスによって発熱や湿疹などが出る病気です。

  • 手足口病
  • ヘルパンギーナ
  • プール熱

この3つは夏風邪の定番です。誰もがかかるわけではありませんが、うつりやすい病気です。

つい最近、大島家でも初の手足口病を発症しました。初めは食物アレルギーを疑いましたが、食べたものに心当たりがありません。今年はかなり蒸し暑く、あせもがすごかったため、あせもも疑いましたが、それにしてもこの湿疹はいつもと違うなという感じで、調べまくりました。

「夏、湿疹、幼児」と検索すると、上記二つが即ヒットしますが、どちらも湿疹の状態や出ている箇所が違う気がして、判断に迷いましたので、まだ罹患されていないお子様をお持ちのご家庭は、是非参考にしてください。

 

手足口病は、その名の通り、手のひらや足の裏、口の中に水疱ができる病気です。原因となるウイルスが複数あるため、感染したウイルスによって症状や起こりやすい合併症が変わってきます。

 

発熱することは少ないと言われていますが、熱が出る子は出ます。(我が家は39度近くまで上がりました)

ウイルスなので特効薬はなく、基本的には様子を見ながら自宅療養する病気です。

 

ただし、湿疹を掻きむしって酷くなったり、写真のように舌や口内にできた水疱が破れて潰瘍になり、痛がって何も食べないなど日常生活に支障が出ていたり、明らかにぐったりしていて様子がおかしい、おなかや頭を痛がる、吐く、高熱が2日以上続くなどの場合は、すぐに受診してください。

 

いきなり湿疹が出現するので、初めて見る人は本当にびっくりします。なんだこれ?と思ったら、まずはかかりつけの小児科に行くのがてっとり早いです。

今流行っている病気などの情報も教えてもらえます。

 

ちなみに、手足口病は、必ず手のひらや足の裏に水疱ができるわけではありません。

 

このようにお尻や太もも、膝や膝の裏、腕や肘などに赤いツブツブ状の湿疹ができることもあります。上の写真は湿疹が出始めて二日目の状態のため、粒も大きくなり水疱っぽいものも出始めているためわかりやすいです。

 

湿疹の出始めは小さい突起状で、写真のように粒がはっきりせず、蚊にでも刺されたかな?と思うようなものや、あせもと勘違いしやすいものもあります。

あれ?と思ったら、経過をよく観察してください。

 

また、湿疹が水疱になるまでには多少の時間がかかりますから、かなりの数のポツポツが突然できた場合は、あせもなどの薬を塗るのは控えたいですね。通常、手足口病で副腎皮質ホルモン剤は処方されません。湿疹がどのように変化していくかを確認することも大切です。

あせもなら、急速に赤い粒が膨れ上がったり大きくなることはありません。

 

先ほど一粒だけ虫刺されのようだった箇所は、翌日にはこのような状態になってしまっています。

掻きむしってもいないのに数時間で他の部位までとびひのようになってしまうことは通常ありませんので、こういうときは、何らかのウイルスに感染したのだと判断するのが妥当です。

 

兄弟姉妹のいるご家庭は、水筒やコップなどの食器類、タオルやシーツなどうっかり共有してしまいがちなものを徹底的に管理してくださいね。子供たちは(特に下のお子さんは)お兄ちゃん、お姉ちゃんの物を使いたがりますから。

また、鼻水をふいてあげるのも、お母さんなどの大人が処理してあげてください。鼻水が付いた手で物を食べてしまうと、やはり感染してしまいます。

 

1週間も経たず自然に快方に向かう病気ですが、ウイルスが長期間排泄されます。うんちには半月〜1か月ほどウイルスが混ざっていることになりますので、手洗いうがいは欠かさずに行いたいですね。

 

まだまだ暑い日が続きます。各地で被災した方々も大勢みえます。体調を崩しやすい時期でもあります。ストレスから発病しやすい体になってしまいますので、皆様お大事にお過ごしください。

 

 

コメント
コメントする