CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
ページ切り替え
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
こんにちは、訪問はりきゅうの大島です。
出張専門のはりきゅう治療院『大島治療院』を開業し、はり師きゅう師・スポーツトレーナー・卓球療法士として活動しております。
仕事の話、個人事業ならではのこと、体について、子育て…etc仕事と日常の話題をアップしています。

失敗談はぜひ参考にしてください( ̄∇ ̄)
<< ネットショップなどHP制作費用に関する補助金 | main | ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)? >>
クレジットカードの引落し口座は個人名のみ
0

    こんにちは、大島治療院です。

    せっかくブログを立ち上げたので、施術の話やからだにまつわる話をいろいろとしたいのですが・・・

    まだまだ開業がらみでバタバタしています💦

     

    というのも、知らないことだらけで、その「知らない」ということにすら気付けていない状態なんです。

    小さな不具合がチラホラ出てしまう日々を送っています。困ったものですが、何事も経験だと前向きに捉えることにしています(笑)。

     

     

    今日は「屋号付き銀行口座をクレジットの引き落とし口座に指定したい」という話。

    実はこの件については、うすうす知ってはいました。できないということを。

    ですが、あまりにも慌ただしすぎて、口座指定について確認すること自体をうっかり忘れてしまっていました。

     

    最近契約したクレジットカードを事業用にすべく準備を進めていたのですが、料金の引き落とし口座は個人名しか受け付けてもらえませんでした。当然といえば当然、カードの名義が個人なのですから、いくら銀行口座が「屋号+個人名」だとしても、クレジット側としては却下です。

     

    宣伝ではありませんが、クレディセゾンのセゾンパールアメリカンエキスプレスは、個人事業主にとても優しいカードとなっています。なぜなら、銀行口座が屋号付きでも引き落とし口座に設定できるのですから。

     

    これから開業しようという皆さん、細かいことではありますが、お金に関することは全て一通り書き出して、一つ一つ確認されることをお勧めします。年明けの確定申告の際に痛い思いをしないためにも。

     

     

    | □個人事業の話 | 13:54 | comments(0) | - |