ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
ページ切り替え

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

訪問はりきゅう大島の随想

こんにちは、訪問はりきゅう大島です。
出張専門のはりきゅう治療院『大島治療院』を開業し、はり師きゅう師・スポーツトレーナー・卓球療法士として活動しております。
個人事業について、体について、子育てについて…etc.皆様に様々な話題を発信してまいります。
よろしくお付き合いください(^^)/
<< 幼児安全法の実技講習 | main | ネットショップなどHP制作費用に関する補助金 >>
屋号付き銀行口座開設の申込に必要な書類

JUGEMテーマ:銀行

個人事業主になるのに屋号は必須ではありません。

が、ゆくゆくは法人化も視野に入れて付けておくのもいいですね。

 

「大島治療院」も屋号ですが、銀行口座がありません。代表個人の口座はいくつもありますが、できれば屋号入りの口座があった方が信用度が上がりますよね。

ということで、口座開設に踏み切りました。

 

事前に銀行の支店へ連絡し、開設希望を伝えた上で、手続きに必要なものを問い合わせてみました。

必要なものは、

\婆浬陲膨鷭个靴審業届の控え

▲曄璽爛據璽犬筌僖鵐侫譽奪箸覆鼻∋業内容がわかるもの

F蔚箙圓粘に口座があれば、その通帳やキャッシュカード

ぬ筏証などの身分証明書

ゥ泪ぅ淵鵐弌爾猟銘離ード

こんな感じでした。

 

まだ開業届を出す前の問い合わせだったため、,良分で、別の書類ではダメかどうか細かく説明して頂くことになり申し訳なかったです。

この電話での問い合わせで確認されたことは、支店から自宅ないしは事業所までの距離です。基本的には最寄りの銀行支店しか受け付けてくれないそうです。

 

とても親切な担当さんで心強かったです。

窓口でしか申し込めないため、先ほどの書類を揃えてから後日出向きました。

 

口座開設にあたっては所定の審査があり、一週間ほどで結果が出次第、OKなら開設手続きに再度出向くことになります。

 

時間や日数にゆとりを持って行動したいですね。

 

| 仕事の困りごと〜個人事業の開業〜 | 04:07 | comments(0) | - |
コメント
コメントする